特集

【特別座談会】 ミキサーズラボのエンジニア3名が語る 「DA-3000」 のサウンドとDSDの可能性について
インタビュー・レビュー
【特別座談会】 ミキサーズラボのエンジニア3名が語る 「DA-3000」 のサウンドとDSDの可能性について
実際のミキシングで『DA-3000』を使用中であった、ミキサーズラボのAスタジオを会場として、ミキサーズラボ所属のエンジニア3名(三浦瑞生さん、小坂康太郎さん、加藤拓也さん)にご協力を頂き、『DA-3000』の音質や使い勝手について、座談会形式で感想、ご意見を頂きました。協力:株式会社ミキサーズラボ ティアック: まずは三浦さんから『DA-3000』のファーストインプレッションをお聞かせ下さい。 三浦: (以下敬称略) 普段ミキシングをする際、私はPrism Sound ADA-8XRというAD-DAコンバーターを使ってサウンドを一度外に出力し、それを再びProToolsのオーディオトラックに戻すことが多いのですが、『DA-3000』の音も聴き比べられるようにしてみました。まず、音の感想を率直に言わせてもらうと、すごく自然だなと思いましたね。マスターフェーダーの後の音を聴いたときの印象に物凄く近い。DSDによるフォーマットの違いというのもあるんでしょうけれど、やはりWAVで録っていると、どうしてもデジタルのカクカクした感じというのが耳についてしまうんですよね。それが、『DA-3000』
DA-3000
レコーディングエンジニア・山口泰さん 「鳥山雄司さんプロデュース作品 『Women's Liberation』 のハイレゾ・マスタリングにおける、本番、バリバリ集中モードで使用しています。」
インタビュー・レビュー
レコーディングエンジニア・山口泰さん 「鳥山雄司さんプロデュース作品 『Women's Liberation』 のハイレゾ・マスタリングにおける、本番、バリバリ集中モードで使用しています。」
とても好印象でした!音に触れるような柔らかく気持ちの良い音がします。レコーディングやミックスでは音経路の距離的に原音に近い方(通常はコンソールアウト)でモニターするのが理想だと思っておりましたが、 仕上げに関してはマスターレコーダーとしてこの『DA-3000』の音をモニターしながら作業するのも良いと思います。『DA-3000』のインとアウトの音を比較しても味付けされたような気にはならず、逆にアウトの方が少しゆとりがあり、大きい音場空間で的確に音を捉えることができました。今回は、先日リリースされた鳥山雄司さんプロデュース作品「Women's Liberation」のハイレゾ・マスタリングにおける、本番、バリバリ集中モードで使用させていただきました。『DA-3000』はオペレーションシステムも分かりやすくて、即戦力でした!とても充実したセッションを賜りました。さらに、TASCAMのプロデュース力、良い音を沢山の方に届けたいという熱意を社員の皆様からも感じることができ感動しました。ハイレゾ、DSDなど、未知の可能性を残す領域を進むとき、頼りになるのはスペックよりも人から聞いたアドバイ
DA-3000
ミュージシャン・村田隆行さん 「iXZはひとつあるといい音で入力しながら資料音源に合わせることができて、すごく便利です。」
インタビュー・レビュー
ミュージシャン・村田隆行さん 「iXZはひとつあるといい音で入力しながら資料音源に合わせることができて、すごく便利です。」
ホテルとかでiPadを使って曲を作ったり、練習したりするのに使っています。旅にパソコンを持っていきたくないんですよ。でもこれまではパソコンがないとできないことも多くて。iPadはそこがいいんですが、入力する方法に困っていたんですよね。『iXZ』はひとつあるといい音で入力しながら資料音源に合わせることができて、すごく便利です。音は他のTASCAM製品と同じでストレートですね。スカスカということは全然ないです。TASCAMの音って一貫してるなと思いました。プロフィール村田 隆行さん十代の頃よりR&B、FUNK、FUSION、ROCKなどの音楽に憧れギターを始め、その後ベースに転向。SAX奏者・小林香織のバンド、そしてアルバム・プロデュース、作曲・編曲で作品に参加。鳴瀬喜博・IKUO・村田、3人のベーシストによるユニット「The Choppers Revolution」を結成しキングレコード「低音レーベル」よりアルバム、LIVE・DVDを発表。その他、自身のリーダー・ライブやギタリスト・マサ小浜、ドラマー・坂東慧とのトリオ「くるくるBrothers」のセッション活動、小比類巻かほるや
iXZ