特集

ニコニコ超会議2019
導入事例
ニコニコ超会議2019
2019年4月27日(土)および4月28日(日)に千葉県幕張メッセで開催されたニコニコ超会議2019において、『超睡眠 supported by 西川株式会社』および『会える!話せる!VTuberおしゃべりフェスin超会議』ブースにて機材・技術協力をいたしました。『ニコニコ超会議2019』は、168,248人と過去最高の来場者を記録し、大いににぎわいました。ここでは、ティアックが機材・技術協力を行った各ブースの詳細についてレポートいたします。 『超睡眠 supported by 西川株式会社』こちらのブースでは創業453年を誇る老舗の寝具メーカー西川株式会社が協賛し、来場者に 高級寝具で睡眠を体験頂くとともに、脳波から感情をリアルタイムに可視化できる『脳内モニター』を用いて睡眠状態の脳の状態をモニターするという一風変わった体験ブースが好評を博しました。体験者に心地よく睡眠していただくため、睡眠導入に人気のASMR音源を試聴できるシステムがTASCAMの機材で構築されました。マスタープレーヤーにマスターレコーダー『DA-3000』を用い、3台のヘッドホンアンプ『MH-8』を用い
AV-P Series
DA-3000
dBTechnologies ESシリーズ
dBTechnologies OPERAシリーズ
DR-40X
GMR-545-AIR / GMR-540-ISO
MH-8
MiNiSTUDIO CREATOR US-42
MiNiSTUDIO PERSONAL US-32
T 5 p 2nd Generation
TH-02
Cyclamen × KLOTZ TITANIUMシリーズ インタビュー
インタビュー・レビュー
Cyclamen × KLOTZ TITANIUMシリーズ インタビュー
2008年の結成以来、日本のみならず海外でも積極的に活動をするプログレッシブ・メタル/マスコアバンド『Cyclamen(シクラメン)』はライブ、レコーディングにおいてKLOTZのギターケーブルをご愛用いただいております。 感想をギタリストの勝乗さん、高尾さんにお伺いいたしました。ティアック:お二人に使っていただいているKLOTZのギターケーブル「TITANIUMシリーズ」の率直な感想を聞かせてください。勝乗 貴志さん(以下勝乗):今回お借りして、カナダの演奏と、日本でも去年の夏に使いました。カナダだと気温が-40℃ぐらいの場所で演奏したり、日本だと逆に40℃になったりと気温の差が激しかったのですが、それでも全く支障なく使えました。ギターのラッカー塗装がひび割れるような場所でも大丈夫で。ガリも今のところ一回も出たことがなくて、すごく丈夫なケーブルだと思っています。エフェクターは直列でたくさん繋ぐんですが、その時にコンプレッサーなんかで、色がついちゃうケーブルだと、かかってほしくない所が持ち上がっちゃったりするんですけど、KLOTZはフラットな音が出る印象なんで、いい感じに持ち上がってくれ
TITANIUMシリーズ